◇トッピクス◇

あなとの毒素レベルをチェックしてみませんか?

1. 風邪をひきやすい          26. まわりに喫煙者が多い    

2. 腰痛がある             27. タバコを吸う

3. 運動後、なかなか疲れがとれない   28. 早食い、または大食いである

4. 関節が痛む             29. 夕食の時間がいつも遅い

5. よく下痢をする           30. 歯に金属の詰め物がある

… …


シュガー・ブルース 恐怖の体験談

小さい頃から甘いものが大好きで、八歳の時から砂糖水の虜となってしまいました。
それ以来、甘い清涼飲料水などによる砂糖中毒にかかり、
どんなひどい苦しみを味わってきたかを告白てしているものだけに、
大変な説得力があります。
ダフティは思春期に物凄いニキビが顔や背中に出て悩まされ、
自分ではらい病かと思うほどでした…


食べて毒だし・デトックスする

これは毒素を排出する能力に長けた食べ物を積極的に摂ることで、
毒素を体外に追い出す方法です。
但し、ここで摂る食品が汚染されてしまっていると、却って
毒素を増やすことになってしまうので、
・無農薬、有機栽培、無添加
の食材を用いることが大切です…


スポンサード・リンク


食べてはいけない!マーガリンとショートニング、実は毒物...

マーガリンは植物性だからヘルシーとつい思いがちですが、
実はマーガリンに含まれている脂肪はトランス脂肪酸と呼ばれるもので、
これが私達にとって毒物なのです。
オランダでは、トランス型脂肪酸を含む油脂製品が販売禁止、
デンマークもまた毒物扱いとされ禁止されています…


牛乳飲んで骨粗鬆、良質なCaが体外流出

牛乳を飲むと、牛乳に含まれる悪いカルシウムが人体に必要な良質の
カルシウムを連れ出して体外に流出させてしまいます。
そのため、ミルクや牛乳を飲めば飲むほど体内のカルシウムが
不足して虫歯や複雑骨折が多く見られるようになります。
実際、牛乳を大量に飲んでいる北欧の人たちほど、
骨粗しょう症に悩まされている人が多いそうです…
(フィンランド、スウェーデン、オランダ、イギリス、アメリカなど)


冷え性(低体温型)には球形の野菜

カラダ全体の体温が低い低体温型の冷え性は、緩める力の食べ物の
食べ過ぎの影響です。
その中でも南国のフルーツや生野菜を多く食べているとカラダ全体が冷えます。
チョコレートやジュースなども原因してます。
ダイエットのために果物や生野菜ばかり食べていたりしていませんか?


スポンサード・リンク


花粉症は「季節性アレルギー性鼻炎」もしくは「季節性アレルギー性結膜炎」とも呼ばれ、スギやヒノキなどの植物の花粉が原因(アレルゲン)となって、

・鼻みず、くしゃみ、鼻づまり
・目の充血やかゆみ、流涙

などの諸症状を惹き起こす、アレルギー性の病気です。

下記の様な体質の方は、花粉症にかかりやすいと言われています。。

1. 両親、特に母親が花粉症にかかっていたか、アレルギー体質である。
2. 子供のころ食物アレルギーだった。
3. 体内に悪い脂(飽和脂肪酸)が多い。
4. 乳酸菌など善玉菌の減少で腸内環境が悪い。
5. 自律神経が乱れやすい。
6. 体内でIgE抗体を作りやすい。
7. 免疫力が低い。
8. 体内に活性酸素を取りのぞくSOD(体の各細胞にひとつづつ存在する抗酸化酵素)の量が少ない。

以下、「中美恵のキレイになる」マクロビ教室(p84~) 中 美恵著 講談社
"カラダエステ 花粉症"よりご紹介します。

■冬の間にカラダに脂肪を溜め込まない

春が近づくと花粉症の人にとっては憂鬱な状態へのカウントダウンが始まります。

そんな人には冬の間にレンコンと大根と玄米をよく食べて欲しいのです。

花粉症は特に冬の間に溜め込んだ脂肪分を外に出そうとする結果起こる現象です。

これを鼻や目から出すのではなく便や尿として出せる食べ物が
レンコン・大根・玄米なのです。

shigure-miso01.jpg

・http://kishin.exblog.jp/8866018/ より

アトピーとは、ギリシャ語の「ATOPOS」から由来した言葉で「 不思議な病気 」という意味があります。

砂糖たっぷりの甘味や甘いジュース、肉、食品添加物たっぷりの加工食品を
自分の好みに任せて食べ過ぎると、肝臓や腎臓に物凄く負担がかかります。

肝臓や腎臓も、疲れて働けなくなると、解毒作用、浄化作用が落ちます。

毒素や老廃物を出せなくなって、
体の中に溜まったものが限界を超え体が苦しくなり、
皮膚から出そうとして、内部の汚れが噴き出してきたのが皮膚病です。

皮膚の健康状態は内臓の健康状態を反映しています。

以下、「中美恵のキレイになる」マクロビ教室(p71~) 中 美恵著 講談社
"カラダエステ アトピー"よりご紹介します。

■マクロビの食事を毎日続けてみましょう

私のところにお料理を習いに来る女性にも沢山のアトピーの方がいます。

少し時間がかかりますが、マクロビの食事を毎日続けていくことで、
みなさんきれいな肌を手に入れられています。


きれいな肌へ変わっていく途中で排泄が進み一時的に
ひどくなったように感じることがあるのですが、
それを乗り越えると見違えたようにキレイな肌になります。

3nen-bancha01.jpg

・http://www.biwanoyume.com/SHOP/bancha.html より

☆診断してみよう☆

2つの診断表をそれぞれチェックしたら、その合計数を計算します。

それが、「毒素人間度」を知る手がかりになります。

また、「自覚症状」と「生活習慣」のどちらかにチェックが偏る場合は、
生活の見直しをするようにしましょう。


■0~5■毒素人間度40%未満

あなたの体はとてもコンディションがよく、体内もきれいに浄化されています。

日頃から健康に対する意識が確立されており、きちんと実践されていると思われるので、
この状態を保ち、ヘルシーライフを続けましょう。

●自覚症状について●

□何についてもイライラしやすい

□キレやすいほうだ

□集中力が続くことがなく、気持ちが散漫になることが多い

□落ち込みやすい

□しびれることがある

□シミが増えた

□舌がうまく回らない

□抜け毛が多い

□慢性的に頭痛がある

□肩こりが頻繁だ

□目が疲れやすい

□めまいをよく起こす

□倦怠感がある

□食欲不振ぎみだ

□冷え性である

□むくみやすい

□肌荒れがひどい

□ニキビに悩まされている

□便秘がちだ

□下痢しやすい

□筋肉痛がある

□関節痛に悩んでいる

□腰痛もちだ

□風邪をひきやすい

katakori01.jpg

体の中に毒がたまってると言われても、ピンとこない人は多いはず。

しかし、ちょっとした自覚症状、あるいは、日々の何気ない生活習慣から、
毒がどのくらい蓄積されているのかの目安は読み取れるのです。


設問を読んで、あてはまるものをチェックしてみませんか。

●生活習慣について●

□毎日の生活で、比較的ストレスが多いほうだ

□運動が苦手で、積極的にはしない

□紫外線を浴びる機会を避けられない

□睡眠不足が慢性的で、いつも眠気がつきまとう

□油っこいものが好物

□毎日のようにアルコールを飲む

□眠れないことは珍しくない

□いつも空調のきいた部屋で快適に過ごしている

□あまり水分を取らないほうだ

□家の水道水は浄水していない

□魚介類は、調理するより生で食べる方が好き

□スナック菓子をつい買ってしまう

□野菜を積極的に取っていないと思う

□歯に金属の詰め物がアル

□たばこを吸う

□早食いが身についている

□夜おそく食事をすることが多い

□近くに喫煙する人がいる

seikatu-shuukan01.jpg

●http://www.city.iga.lg.jp/ctg/19537/19537.html より
砂糖は現代の正に"麻薬"です。

あの刺激的な甘さに虜になっている方多いでしょう。

砂糖をとり過ぎることの怖さや弊害について、テレビなどのマスコミで
語られることは滅多にないようです。

それはそうです。

お菓子のメーカーさん初めとして、彼らは広告のスポンサーですから。

お医者さんで、砂糖とり過ぎの怖さを教えてくれる先生も少ないようです。

私はそんな先生に会ったことがありません。

砂糖のとり過ぎで起こる可能性のある疾患を列記すると次のようになります。

唖然としてしまいます。

・糖尿病  ・低血糖症

・ひどい便秘 高カリウム血症は腸の蠕動をなくし、ひどい便秘をまねく。

・膠原病(リウマチ、SLEその他)  ・肥満  ・高脂血症  ・脂肪肝

・心臓病 心臓病のほとんどは白砂糖の害による相対的高カリウム血症が問題となる。

・浮腫  ・子宮筋腫  ・月経困難  ・不妊  ・婦人科疾患  

・冷え性=微小循環不良  ・流産  ・めまい  ・メニエール氏病

・子宮内膜症  ・湿しん(アトピー)  ・奇形児出現  ・全ての皮膚病

・アルツハイマー  ・老年痴呆  ・腎臓病、腎障害  ・肝障害、肝炎

・アレルギー性鼻炎  ・胃炎、腸炎、膵炎、肺炎、胆肝炎  ・癌

・脳卒中  ・痔  ・脱疽  ・高血圧症  

・関節炎、その他すべての痛み  ・脱毛、白髪  ・膀胱炎  ・腎盂炎

・胆石、腎石  ・骨粗鬆症  ・白内障  ・緑内障

・気管支炎  ・菌血症  ・易感染症  ・水虫(白せん菌)

・歯槽膿漏、虫歯  ・蓄膿症  ・中耳炎  ・外耳炎

・耳鳴り  ・難聴  ・あらゆる神経疾患

・パーキンソン病

以下、「砂糖は体も心も狂わせる」高尾 利数著
   "思春期の病にも砂糖が関係"(p21~)に、ダフティの体験談が
    紹介されています。

kanmi05.jpg

砂糖は、化学調味料や白米のご飯と並んで、『死の三白』とも言われます。

『死の三白』などと言われると、ギクッとしてしまいます。

だけど、なるほどなと思わざるを得ない体験談があるのです。

W・ダフティ氏の体験から、砂糖のとり過ぎが如何に恐ろしいものかが、
実感として判ります。

アメリカの小中学校では、肥満の大敵として自販機の設置が
禁止されましたが、清涼飲料水には大量の糖分が含まれています。

砂糖病とも無関係ではないでしょう。

以下、「砂糖は体も心も狂わせる」高尾 利数著
"思春期の病にも砂糖が関係"(p21~)に、ダフティの体験談が紹介されています。

「シュガーブルース」という著書は、著者ダフティが自分自身の体験から、
砂糖のとり過ぎによって引き起こされる様々な精神的・肉体的苦痛の実体と

原因を述べた書籍です。

short-cake02.jpg

リンパが流れると免疫力が上がると言われています!

体を病気から守ってくれているのは、全身に存在している免疫細胞です。

免疫細胞はリンパ液の中に多く分布して、体の外から進入してくる
細菌などの外敵に備えています。

ところが、リンパの流れがドロドロに滞っていると、
免疫細胞もずっとそこに留まっていることになり、
必要な酸素や栄養素の供給を受けられず、この状態では、
外敵が侵入してきた時、思うように戦うことができません。

リンパの流れが悪くなると病気に対する抵抗力が下がり、
病気にかかりやすくなるのはこのためです。

リンパマッサージによってリンパの流れが良くなると、
免疫細胞も体内をスムーズに流れ、酸素と栄養素をたっぷりと補給して、
パワフルに活動してくれます。

当然、免疫力が上がって病気にかかりにくくなるわけです。

rinpa-ma03.gif

・http://health.goo.ne.jp/column/fitness/f001/0040.htmlより

リンパマッサージに期待される効果は、美容と健康と癒しの3つに分けられます。

1.美容効果

【スリミング効果】

むくみやタルミをリンパマッサージで解消することで、余計なタルミがなくなって、
スッキリスリミング!
また、新陳代謝も良くなるのでやせやすい体になります。

【美肌効果】

肌のくすみの原因である老廃物などを含んだ水分を
排泄してしまえば、透明感のある透き通った肌が復活します。

さらに、乾燥肌などの肌トラブルの解消も期待できます!
 
【バストアップ】

年をとるにつれて垂れてしまいがちなバストもリンパマッサージで、
老廃物や水分を上手に脇の下のリンパ節に流してあげることで、
重力に負けないバストを維持できます。

ヒップアップも可能です。

rinpa-ma01.jpg

・http://www.naturaltime.co.jp/Magazine/H18/BagelH1803.htmより

足裏毒だし用シートによるデトックスは、寝る前に
足裏デトックスシートを貼ることで解毒効果を出すものです。

手軽な方法であり、自宅で行えます。

乾式タイプと湿式タイプがありますが、湿式タイプの方が
私には効果が感じられます。

岐阜の位山に歩いて登ったことがありました。

合計で6~7時間歩いた程度ですが足がちょっとふやけて
むくんで腫れ、親指の爪の付け根が充血、びっくりしてしまいました。

これはまずいな、と思い、三皇不思議シートを試してみました。

乾式と湿式両方のシートを試しました。

カテゴリ

月別アーカイブ

プロフィール

shasin_120.jpg







【名前】K.Kumano

【関心】食と健康&自己実現の希求

【AGE】 59歳

【経歴】大阪大学工学部卒

・石川島播磨重工業㈱勤務後、故郷の北陸福井にUーターン

・県内の染色系企業を経営するが、事情により企業から離脱

・『食と健康、食と子供の非行等』との深い関係に関心を持ち、2007/6~2008/7の間、クシマクロビ・スタンダードコースを北陸福井から大阪まで通い受講する。

・欧米化され過ぎた現代の日本食に警笛をならし続けている。

お問い合わせメールフォーム

最近のフォト

  • あなたの毒素人間度をチェック(2) 自覚症状について
  • あなたの毒素人間度をチェック(1) 生活習慣について
  • シュガー・ブルース 恐怖の体験談(2) 砂糖どっぷりの末路は悲惨...
  • シュガー・ブルース 恐怖の体験談(1) 砂糖どっぷりの末路は悲惨...
  • リンパマッサージで免疫力が向上する
  • リンパマッサージによる毒だし・デトックス効果は美容、健康と癒し
●一押しリンク
1.子供すこやか食の安全・安心.com
私たちが気付かされていない、知らされていない農薬等の危険性や食育と食の安全・安心の盲点に迫ります。

2.食品添加物の危険性について考える.com
知られていない食品添加物の潜在的な危険性…、 私たちの食生活に潜む食品添加物の暗躍やもどき食品の実態、添加物の危険性、心身の健康への影響、それらから身を守る方法などお伝えします。

3.砂糖は現代の麻薬!?.com
砂糖は現代の麻薬です!とり過ぎに注意を! マスコミや企業、政府が語りたくない砂糖の知られざる弊害の数々… 砂糖のとり過ぎで起こる可能性のある疾患は、糖尿病、低血糖症、リウマチなど膠原病、 子宮筋腫、月経困難、不妊、奇形出産、うつ病や不安障害等、 砂糖のとり過ぎに注意しましょう。

4.子供便秘解消法.com
子供さんの便秘解消法に悩むお母さん達に朗報!!子供たちが嫌がらないのも大助かり。お腹の大きい方にもよく効きます。

5.ホリスティック・統合医療のすすめ.com
統合医療とは、現代西洋医学とそれ以外の東洋医学や代替医療、自然療法を個々の患者に合わせて統合的に扱う医療のことです。21世紀の医療がここにあります。

6.断酒方法.com
断酒30年戦争、アルコールを巡って30余年格闘しました。

7.子供の非行は食生活から始まる!
子供の非行と食生活は大変な関係があります…

8.ブレークスルー・成功哲学.com
究極の自己実現は自己の本質を知ることから始まります。

9.新谷食事健康法で健康増進.com
胃腸内視鏡世界的第一人者である新谷弘美先生が勧める新谷食事健康法で健康増進!35万例以上の胃腸内を診てきて40年間死亡診断書を書かなかった実績に基づくだけに説得力があります。

10.マクロビオティック健康法ガイド.com
マクロビオティック健康法で健康増進! マクロビは日本生まれの最先端食養生、無理なくデトックス、ダイエット若返りも出来ます。

11.うつ病・不安障害克服.com
うつ病や不安障害の克服のため抗うつ薬や抗不安薬の服用は、副作用が多過ぎることをご存知ですか?

☆守りたい、家族の健康!私たちの命が危ない!☆

私たちの便利な食生活に欠かせない食品添加物......。
でも、食品添加物には見えざる危険が潜んでいます。
アレルギーや喘息、子供のキレや突発的な犯罪、がん等の 原因の全てが食品添加物にある訳ではありませんが、 一役も二役も買っているのは事実のようです。

赤色X号などタール系色素には化学構造上、すべて発がん性や 催奇性の疑いがあり、北欧では禁止されているタール色素が、 日本では11種も使用されています。


特に育ち盛りの子供さんには、その影響が懸念されます。


私のメールマガジン
「超危険!食品添加物が子どもに与える危険性と解決策」
に無料登録して頂けると、
特別レポート『超危険!食品添加物ベスト10』
を無料で差し上げます。

この10の食品添加物は特にお子様がいらっしゃる方には必ず知っておいてもらいたい知識ばかりです。是非、ご覧ください。

FX