◇トッピクス◇

私たちの子供の心身の健やかな成長のためには、本来の人間に合った
食生活に回帰することが不可欠です。
食生活の心身に及ぼす影響は予想を遥かに超えるものがあります。
私たちがマスコミや政府、企業などから公にされない現代の食生活に潜む落とし穴、
食の安全・安心を確保する上でのポイントなどご紹介します。


シュガー・ブルース、恐怖の体験談

「シュガーブルース」という著書は、砂糖のとり過ぎによって引き起こされる
様々な精神的・肉体的苦痛の実体と原因を述べた書籍です。

著者ダフティが自分の体験から、自分が8歳の時から砂糖水の虜となり、
それ以来、甘い清涼飲料水などによる砂糖中毒にかかり、
どんなひどい苦しみを味わってきたかを告白てしているものだけに、
説得力があります…

ファーストフードの美味しい秘密(テレビじゃいえないそのタブー)

【そのままではとても食べられる肉じゃない】
ハンバーガーの肉の材料は牛肉は、どんなお肉が使われているか
表向きで語られることはありません。
実際に多く使われているのは、経産牛(老廃牛)といって、乳牛の成れの果ての牛です。
その牛の身体の組織は枯れ、肉牛としては最悪のものとなり、
大半はドッグフードに使われるようなものばかりです…


スポンサード・リンク


肉食過多が生活習慣病を増やしていく

食肉消費国の欧米でも動物性脂肪の過剰摂取による慢性病が大きな社会問題
となっていますが、さらに最近増加しているのが、ガンの発生です。
ガンの発生はもちろん脂肪のとり過ぎも関係していますが、動物性タンパク質も
また大きな要因となっています。
タンパク質が体内に多くなると、トリプトファンという必須アミノ酸が
腸内の細菌によって分解され、発ガン物質の生成が促進され…


リンゴからイチゴジャムの不思議と食品添加物

一部のジャム業者さん達は、台風がリンゴ産地の長野県や青森県を襲うことを
ひたすら祈っているそうです。
狙いは台風で落ちたリンゴで、売り物にできない落ちリンゴを、
タダ同然の安い値段で買い取ることです。
買い取られた落ちリンゴは、イモやデンプンを入れて粘り気を出し、
リンゴじゃむだけでなく、アンズジャムやイチゴジャムに化けます。
上手く化かすためには、多くの食品添加物の力が必要となります…


ダイエットして骨粗鬆、無理なダイエットをさせてはいけない!

辻学園栄養専門学校の広田孝子教授の調査では、
「20歳前後の女子学生の6人に1人は骨密度が低く、50歳並み」
という結果が出ました。
さらに広田教授が調査対象を小・中学生までに広げて
5年間にわたりデータを収集したところ、
骨密度がかなり低い人がおり、骨粗鬆症の予備軍が
低年齢層にも広がっていることが分かったのです…

育児の心配や不安を一人で抱え込まず解消したい、子供の力を開花させたい...

核家族化が進行し、おばあちゃんの子育ての知恵をなかなか拝借できない
環境となってから久しくなります。

あなたは今、あふれるばかりの育児情報にふりまわされ、
「これでいいのだろうか」と、迷いや不安を抱えながら
自然育児をしていませんか?


☆あなたの自然育児を完全サポート☆

自然育児のポイントをしっかりおさえ、子どもの「生きる力」「伸びようとする力」を 最大限に伸ばしてあげたいと思いませんか?

お子さまが7歳になるまで、あなたの育児を完全サポートします。

1. 予防接種やテレビがよくない理由を、納得できるようにすぐに解決したい!
2. 母乳育児だけじゃなく、自然に子どもを育てていける具体的な方法を知りたい!
3. いろいろある離乳食や卒乳の情報から、子どもによりよいものを、
自信を持って選択できる自分になりたい!
4. 自分がやっていることは間違っていないんだ、これでいいんだと、確信をもちたい!
5. 子育てに悩んだとき、自然育児の考え方で的確なアドバイスをもらいたい!
6. 子どもの成長とともに変わる育児の悩みを、その都度、相談したい!
… …

☆関心のある方は詳細こちらへ☆
自然育児マニュアル!子どもの免疫力を高め、丈夫にかしこく育てる 『ママと子どものHappy育児法』

スポンサード・リンク


4. イチゴ

輸入イチゴは必ずポストハーベスト(カルバリル:環境ホルモンなど)されています。

イチゴはそのまま皮をむかずに食べるため、食べれば即農薬が体内に入ってきます。


特に、クリスマスの時のイチゴのショートケーキは一時期に大量に作られるため、
1ヶ月たっても腐らずカビが生えないという農薬漬けの輸入イチゴが、
洗わないままケーキの上に乗せられています。

もし、買ってきたショートケーキをその日に食べないで冷蔵庫に入れておき、
一日たってから食べようとしたらイチゴにカビは生えていた場合は、
国産の農薬の少ない安全なイチゴを使ったか、
かなり日にちが経って腐りかけた輸入イチゴを使ったかのどちらかです。

sakuranbo01.jpg
2. 柑橘類(オレンジ、レモン、グレープフルーツなど)

柑橘類は

・DP(ジフェニール)、TBZ
・OPP(オルトフェニルフェノール、環境ホルモン、輸入レモン・グレープフルーツ)
・アルディカーブ(環境ホルモン、輸入オレンジ)
・パラチオン(環境ホルモン:輸入オレンジ)


など様々なポストハーベストが使用されています。

以前、レモンのヘタ枯れ防止に除草剤2-4D
(発癌物質のダイオキシンを不純物として含み、ベトナムにまかれた枯れ葉剤の1つ、
 環境ホルモン)が使用されていることがわかりました。

日本中のデパートやスーパーマーケットから輸入レモンはなくなり、
代わりにカボスやスダチ、柚、国産レモンなどが売られるようになりました。

lemon04.jpeg

農薬を使うことによって、栽培植物につく害虫やカビなどを殺して、
手間をかけずに多量の作物をきれいに作り上げることができるようになりました。

その代わり、作物に残留する農薬によって健康が害されたり、
農薬によって栄養素が少なくなった野菜を食べることになってしまいました。

虫でさえ食べない野菜や果物を食べることになってしまったのです。

アレルギーっ子は残留農薬に敏感です。

農薬の残留が多い作物はすぐアレルギーを起こしてしまいます。


体に害のある農薬を知らないうちに避けているのでしょう。

農薬の残留が多い食品は食べないで済むように心がけましょう。

banana02.jpg

TBZ(チアベンダゾール)は、海外から輸入される

・グレープフルーツ、レモン、オレンジ、バナナ

などの輸入柑橘類に含まれています。

ポスト・ハーベスト農薬として、収穫後輸出される輸送途中の
果物のカビを防ぐため、防カビ剤が使用されています。

アメリカなどから船で輸送されてくる輸入柑橘類の腐敗や
カビの発生を防ぐために、果実の表面に塗布されています。

日本では、収穫後のこのようなポスト・ハーベスト農薬は
認められていないので、輸入の際、TBZやOPPなどが
食品添加物としてその使用が認められています。

以下、注意すべきポイントや人体への影響や危険性について
「食品添加物の危険度がわかる事典」(p34~) 渡辺 雄二著
"TBZ"よりご紹介します。

lemon03.jpg

OPP(オルトフェニルフェノール)、OPP-Na は海外から輸入される

・レモン、グレープフルーツ、オレンジ

などに塗布されている防カビ剤で、アメリカなどから船で輸送されてくる
輸入柑橘類の腐敗とカビの発生を防ぐため、果実の表面に塗布されます。

本来は農薬であり、米国からの政治的圧力により食品添加物として
使用が認められたものです。

以下、注意すべきポイントや人体への影響や危険性について
"食品添加物の危険度がわかる事典"(p32) 渡辺 雄二著
"OPP、OPP-Na"よりご紹介します。

【注意すべきポイント】

OPP(オルトフェニルフェノール)は、本来農薬であり、
1,955年農林省に登録され、殺菌剤としての使用は認められていたが、
1,969年に登録は失効し、農薬としての使用は禁止された。


ところが、1,977年に厚生省は食品添加物としての使用を認めたのです。

背景にはアメリカからの圧力があります。

grapu-fr03.jpg

加工食品といえば食品添加物はつきものですが、
Oisixで提供される加工食品に食品添加物が全く含まれていない訳ではありません。

Oisixで認めている食品添加物は、安全性の高いものに限定されているようです。

危険度の高いタール色素などの合成着色料や合成保存料は使用を認めていません。

■Oisixで使用を認めているもの一覧

   o 酸化防止剤
     ・ビタミンC
     ・ビタミンE

   o 酸味料
     ・クエン酸

   o ゲル化剤
     ・ペクチン

   o 醗酵調味料
     ・みりん、あるいはみりん同様の製造工程の中で、
   塩を加えることで飲用できないように処理されているもの

   o 甘味料
     ・ソルビット、ブドウ糖果糖液糖

   o 膨張剤
   ・コーンスターチ、グルテン

   o 水溶性食物繊維
     ・難消化性テキストリン

加工食品といえば食品添加物がつきものですが、
加工食品の安全を実現するためのOisixの取組みは
大変しっかりしています。

★Oisix(おいしっくす)は、

「つくった人が自分の子供に安心して食べさせることのできる食品」

という理念を体現すること志しており、

Oisix(おいしっくす)独自の安全基準とそれを実現させるための
仕組みが大変しっかりしています。


1. 基本方針

■加工食品の主原料は非遺伝子組み換えのものに限定する

  o 加工食品の主原料となる食材については、栽培形態を確認し、
    遺伝子組み換えをしていない食材に限ります。
 
■合成保存料・合成着色料を使用した食材は、取り扱わない

  o Oisixでは、賞味期限を延ばす合成保存料や食品を鮮やかにみせるための
    合成着色料を使わない食材だけをお届けします。

oisix03.gif

★Oisix(おいしっくす)は、

「つくった人が自分の子供に安心して食べさせることのできる食品」

という理念を体現すること志しており、

Oisix(おいしっくす)独自の安全基準とそれを実現させるための
仕組みが大変しっかりしています。


1. 基本方針

●家畜のためにより快適な環境を考慮し、ストレスの少ない飼育方法で生産された健康な畜産物を供給します。

 o 大量生産を目的とした無理な飼育環境で育てられた畜産物は食味、安全性ともに十分とはいえません。

Oisixでは、食材の飼育環境に配慮をし、可能な限り自然に近い形で育ったもののみを取り扱っております。

otameshi01.jpg

★Oisix(おいしっくす)は、

「つくった人が自分の子供に安心して食べさせることのできる食品」

という理念を体現すること志しており、

Oisix(おいしっくす)独自の安全基準とそれを実現させるための
仕組みが大変しっかりしています。

 
1. 基本方針

●土、水、空気、そして作物自身の自然の力を最大限活かして作ります。

o 自然の力を最大限活用し、健康でおいしい作物を作ることで
  化学合成農薬および化学肥料に頼らない農業を実現していきます。

  適地適作を進めること、旬を大切にすることなど、自然な農業スタイルを推進します。
 

●信頼のおける生産者の顔が見える農作物のみ取り扱います。

o 何よりも大事なのは生産者との信頼感です。

  Oisixでは積極的に生産者の様々な情報を発信していくとともに、
  お客様から寄せられたいろいろな声を生産者に届け、生産者とお客様の信頼関係を構築していきます。

oisix02.jpg

食べ物は私たちの体と生命を創っていきます。

『人はその人が食べた物の如くなる』とも言われます。

私たちが日頃食べている食べ物、飲み物から血液が創られ、
赤血球が創られ、遺伝子が創られ、60兆個もの細胞が創られていきます。

毎日の食べ物に手を抜くことは、私たちの生命を粗末にすることにつながります。

余りにも便利なことへ乗っかることの代償は私たちの生命です。

食べ物に手を抜くとしっぺ返しが大きいです。

体と心に良い食べ物やお水をとるようにしたいものです。

kosodate05.gif

海藻のヨードにも放射能の害から身を守る働きがあることが知られており、原子力発電所でもヨード剤が配備されているそうです。

ですから昆布で出汁をとり、ワカメやフノリを入れた味噌汁であれば、
放射線対策に抜群の威力を発揮できるはずです。


昆布の黒焼きも良いでしょう。

放射線治療やレントゲン検査を受ける前には、味噌汁や梅醤番茶、鉄火味噌、
梅干し、ゴマ塩等を飲んだり食べたりしておくと、その害から身体を守ることが
できます。

■活性酸素の発生により機能低下や老化の原因に

放射線の問題点は、それを過剰に浴びると甲状腺がんや白血病を招いたりることです。

まだ、成長段階にある細胞が放射線を受けると、遺伝子が損傷し、プログラムミスによりガンや奇形といった成長・発育障害が引き起こされます。

ですから、大人より子供の方がその害が出やすいということになります。


また、放射線により大量の活性酸素が発生することで、血液や細胞、血管に過酸化脂質という錆がとりついて、それらの機能低下を招き、生活習慣病などの老化現象が起こりやすくなることです。


5. 「素朴な疑問」を持つ

「素朴な疑問」をもつことが全ての始まりです。

「何故、このハンバーグは、こんなに安いのだろう」

「何故、この明太子は、こんなに色がきれいなんだろう」

「何故、このパックサラダはいつまでもしなびないんだろう」

「このコーヒーフレッシュ、何故、使いたい放題なんだろう」

「醤油風調味料?何故、風がついているんだろう」

「何故、このきゅうりや人参、大きさも形も色も揃っているんだろう」

疑問をもったら、パックの裏を返して、原材料の表示を見ましょう。

makizushi01.jpg

・スパーなどの巻き寿司も具が多いだけに添加物の宝庫...

3. 「知って」食べる

自分の食べる物、家族に食べさせるものに、どんな食品添加物が
入っているのかを、「知って」食べましょう。

今日はどうしても忙しくてレトルトのカレーで出来合いのパックサラダを
出してしまったとします。

裏の表示を見れば、それだけで何種類の食品添加物をとってしまったか判ります。

何を食べたか知ることによって、反省の気持ちが生れてくると思うのです。

「ごめんね。お母さん、今日はとても忙しくてこういうもの使っちゃった。

お母さんが見たこともないカタカナの入ったものを、あなたたちに食べさせてしまった。」

この「ごめんね」の気持ちが、次は手作りのものを食べてもらおう、という
気持ちにつながるのではないでしょうか。

yakiniku-tare01.jpg

カテゴリ

月別アーカイブ

最近のフォト

  • アレルギーっ子と残留農薬(3) 農薬漬けの輸入イチゴがケーキの上に...
  • アレルギーっ子と残留農薬(2) 輸入柑橘類とりんごのポストハーベストに注意!
  • アレルギーっ子と残留農薬(1) ポストハーベストされた輸入農作物に注意!
  • 輸入柑橘類に防カビ剤 TBZ(チアベンダゾール) 発ガン性の不安...
  • 輸入柑橘類に防カビ剤 OPP、OPP-Na 1969年に農薬としての使用は禁止されたのに...
  • Oisix安全基準 加工食品について (2)  添加物は安全性の高いものに限定
  • Oisix安全基準 加工食品について(1) 合成保存料・合成着色料を使わず、原則天然の調味料使い
  • Oisix安全基準 畜産物(精肉・卵) 自然の摂理に反した成長促進剤は一切禁止
  • Oisix安全基準 農作物 安全基準と実現させる為の仕組みがしっかりしている
  • 便利さと手抜きの代償は自分の命
  • 氾濫する食品添加物の危険性から身を守るための6つのポイント(5,6)
  • 氾濫する食品添加物の危険性から身を守るための6つのポイント(3,4)

プロフィール

kumano01.jpg







【名前】K.Kumano

【関心】食と健康&自己実現の希求

【AGE】 59歳

【経歴】大阪大学工学部卒

・石川島播磨重工業㈱勤務後、故郷の北陸福井にUーターン

・県内の染色系企業を経営するが、事情により企業から離脱

・『食と健康、食と子供の非行等』との深い関係に関心を持ち、2007/6~2008/7の間、クシマクロビ・スタンダードコースを北陸福井から大阪まで通い受講する。

・欧米化され過ぎた現代の日本食に警笛をならし続けている。

お問い合わせメールフォーム

最近のブログ記事

●一押しリンク
1.砂糖の害、砂糖のとり過ぎは万病の元!?com
砂糖は現代社会の麻薬のようです。 砂糖のとり過ぎは万病の元となり、心も体も狂わせてしまいます。 砂糖のとり過ぎで起こる可能性のある疾患は、糖尿病、低血糖症、リウマチなど膠原病、 子宮筋腫、月経困難、不妊、奇形出産、うつ病や不安障害等、 砂糖のとり過ぎに注意しましょう。

2.子供の非行は食生活から始まる!
子供の非行と食生活は大変な関係があります…

3.子供便秘解消法.com
子供さんの便秘解消法に悩むお母さん達に朗報!!子供たちが嫌がらないのも大助かり。お腹の大きい方にもよく効きます。

4.マクロビオティック健康法.com
食養生が人生成功の秘訣!食がコントロールできれば、人生はコントロールできます。

5.断酒方法.com
断酒30年戦争、アルコールを巡って30余年格闘しました。

6.経皮毒、見過ごされてきた皮膚から侵入する毒
「経皮毒」とは、日用品などに含まれる化学物質が皮膚から入り有害な作用を起こすことです。

7.東京スカイツリー(新東京タワー)と電磁波健康問題
東京スカイツリーから放射される電磁波によって、電磁波過敏症などの健康問題の発生が非常に危惧されます。

8.食品添加物の危険性.com
食品添加物の暗躍やもどき食品の実態、食品添加物の危険性・表示のルール、食品添加物の危険性から身を守る方法などお伝えします。知ると怖くて眠れません!

9.代替自然療法.com
現代医学を妄信していては、真の健康は絶対に不可能と思われます。医がソロバンのみの医者に殺されない為の代替自然療法に関する情報です。

10.原発がどんなものか知って欲しい、原発の安全神話を検証する
原発は安全であると私たちは洗脳されていたようです。福島第一原発の大災害で原発安全の神話は崩壊しました。 原発がどんなものか、放射能・放射線の危険性、放射性廃棄物の処理などその安全神話を検証します。

ホリスティック健康学・栄養学研究所

ホリスティック医学も現代栄養学も本当に奥が深く、学べば学ぶほど、その底辺の広さに圧倒されるとともに、生活習慣病・慢性疾患を克服するには、現代人の生活スタイルと生活意識を根本的に変革する必要があることを実感するようになりました…

にほんブログ村 健康ブログへ
にほんブログ村
私たちの便利な食生活に欠かせない食品添加物......。
でも、食品添加物には見えざる危険が潜んでいます。
アレルギーや喘息、子供のキレや突発的な犯罪、がん等の 原因の全てが食品添加物にある訳ではありませんが、 一役も二役も買っているのは事実のようです。

赤色X号などタール系色素には化学構造上、すべて発がん性や 催奇性の疑いがあり、北欧では禁止されているタール色素が、 日本では11種も使用されています。


特に育ち盛りの子供さんには、その影響が懸念されます。


私のメールマガジン
「超危険!食品添加物が子どもに与える危険性と解決策」
に無料登録して頂けると、
特別レポート『超危険!食品添加物ベスト10』
を無料で差し上げます。

この10の食品添加物は特にお子様がいらっしゃる方には必ず知っておいてもらいたい知識ばかりです。是非、ご覧ください。

FX