うつ病や不安障害の克服のため抗うつ薬や抗不安薬には強い依存性があり、
服用は避けた方が無難です


抗うつ剤は自殺を誘発する

米議会は、一般市民を保護するはずの食品医薬品局(FDA)が医学的証拠を入手しながら、 抗うつ剤と未成年者の自殺行為との関連性の可能性に対して迅速な対策を講じなかった 可能性について調査している。

抗不安薬の弊害は依存症、何故、服用しないか?

アメリカでは、処方された抗不安薬を服用し続けた多くの人々(女性が多い)が依存症にかかり、 悪夢のような人生を歩んでいます。

彼らは、
●抗不安薬を服用しているときは、疲れ切って何もできない状態に陥りますが
●用量を減らしたり、薬を中断すると、以前よりさらに悪化した
   ・恐怖心、発汗、ドキドキ、胃のむかつき、震え、パニック

などに苦しみます。


ビタミンとミネラルの不足が原因でうつ病が発生する

脳に栄養素が不足したときには、うつ病、不安障害、怒りなどの症状が現れます。
しかし不幸なことに、ビタミンやミネラルの不足とこれらの心の病との関係は多くの場合、 見過ごされているのです…


スポンサード・リンク


不安障害を発生させる原因は…

不安障害の症状は心理的なものにも見えますが、心理カウンセリングを受けたところで、 不安障害の根本的な解決にはなりません。
心の病は脳内物質のバランスが崩れているから発生するのであり、
これを是正してはじめて直るのです…


ビタミンB群の不足で不安障害が発生する

不安障害に見られる ・多動、神経質・疲労、うつ・心配、不安 などの症状は、
ビタミンB群の一つであるナイアシン(またはナイアシンアミド)の不足によっても起こります…


スポンサード・リンク


あなたがこれまでどれだけ感謝を実践してきたかは、今この瞬間すぐ分ります。

金銭状態、健康、幸せ、仕事といったあなたの人生の主な面を見て下さい。

豊かで素晴らしい分野はあなたが沢山の感謝をしてきた結果、魔法が起きた処です。

そうでない分野はあなたの感謝が足りなかった処です。


話はとても簡単です。

あなたが感謝を実践していなければ、より多くを受け取ることは出来ない
ということです。

感謝をしなかったため、人生に魔法が起こるのを邪魔してしまったのです。

健康や良好な人間関係、楽しみやお金儲け、ビジネスや昇進などの
好ましい流れは、感謝をしないと止ってしまいます。

「受け取る」ためには「与え」なくてはなりません。

それが法則です。

感謝とはお礼を「与える」ことであり、それをしないでいると、
あなたは自分を魔法から切り離し、人生で望むものすべて
「受け取る」ことから遠ざけてしまいます。

arigatou02.jpeg
うつ病は不平・不満が原因で内向的な正確の人に多いと言われています。

私たちが日常生活で当り前だと思って受け取っている色々なサービスがあります。

まず、日本人の主食であるお米。

このお米が私たちの食卓に届くまでには、様々な人が関わっています。

お米を栽培してくれるお百姓さん、集荷を受け持つ農協さん、
お店まで運んでくれる運送屋さん、お店とお店で販売してくれる人、
炊飯器を造ってくれるメーカーさん、配送してくれる物流の人、
......

まだまだ多くの方がこのお米一つをとっても、
私たちの食卓に届くまで関わっています。

私たちが毎日着ている衣服についても、利用している車にしても、
パソコンやテレビにしても、私たち一人だけの力では到底造り出せません。

数え切れないほど沢山の人たちに支えられて、私たちが一日無事生活していける
ことに気が付くのです。

それに比べて、私たち一人が出来ることというのは、何と小さなことでしょう...。

こういうことに気が付き始めると、自然と感謝の念が湧いてきて、
不平・不満も少なくなってきて、生きていくのが少しずつ楽になっていくのです。

この「自然と湧いてくる感謝の気持ち」が、実は魔法の様な物凄いパワーを持っているのです。

以下、ザ・マジックよりご紹介したいと思います。

arigatou01.jpg

■安易に抗うつ剤に頼るのは止めましょう

抗うつ薬SSRIの服用によって、人に対する共感、関心が低下します。

抗うつ薬SSRIによる自殺で非常に多いのが「首吊り」や「飛び降り」自殺です。

この首吊り自殺は家族の寝室の隣部屋で行うといった遺族に配慮のない形で行われます。 

飛び降り自殺にしても簡単に遺族に発見されるような場所で行います。

傷心自殺には、このような自殺行動は見られないので、
これは抗うつ薬SSRIによる感情の鈍麻が原因と考えられています。

---------------------------------------------------

また抗うつ薬SSRIによるアカシジアが自殺を招くことも報告されています。

(アカシジアは静座不能症と訳されていて、座ったままでじっと

していられず、そわそわと動き回るという特徴があります。)


■米食品医薬品局は自殺を誘発する薬品の副作用について口をつぐんでいたのか

米議会は、一般市民を保護するはずの食品医薬品局(FDA)が医学的証拠を入手しながら、抗うつ剤と未成年者の自殺行為との関連性の可能性に対して迅速な対策を講じなかった可能性について調査している。

臨床研究同盟の患者擁護活動家ハッスナー・シャーレイは、FDA上層部が消費者ではなく製薬業界の利益を守っている。

自分たちが知りたいのは、FDAがなぜこの証拠を握りながら公表せず、今さら、何の証拠もないような振りをしているのかということだ、という。

議会も同じ疑問を持っている。

FDAは抗うつ剤と未成年者の自殺行為との関連性を隠蔽しようとしたのか、そして、事実を明るみに出した職員に制裁を与えようとしたのか。

詳細はこちらへ

heaven03.jpg 

人は誰でも、生活の中の様々な出来事をきっかけに、
気持ちが落ち込んだり憂うつな気分になったりすることがあります。

しかし、このような気持ちの落ち込みや憂うつな気分は、
原因が解決したり、あるいは解決しなくても、気分転換をしたり、
時間が過ぎることで、自然に回復します。

ところが、原因が解決しても気分が回復せず、強い憂うつ感が長く続いて
ふだん通りの生活を送るのが難しくなったり、思い当たる原因がないのに
そのような状態になるのが、『うつ病』です。

うつ病には、気持ちの落ち込み、

・憂うつな気分など「抑うつ気分」と呼ばれる症状と共に
・意欲が出ない
・考えがまとまらないなど

うつ病に特徴的な心の症状(精神症状)がみられます。

また、多くの方に、

・疲れやすい
・眠れない

といった体の症状(身体症状)がみられます。

以下、「心の病は食事で治す」 生田 哲著よりご紹介します。

isu01.jpg 

うつ病に関わる脳内伝達物質には、

・セロトニンやアドレナリン、ノルアドレナリン、ドーパミン

などがあり、これらの物質は、アミノ酸が原材料となって多くの酵素の働きで合成されます。

酵素はビタミンやミネラルがなければ働くことが出来ません。

ビタミンやミネラル不足になったりすると十分な脳内伝達物質が合成されなくなってしまい
うつ病や不安障害に陥ることがあります。

以下、「心の病は食事で治す」 生田 哲著よりご紹介します。

脳に栄養素が不足したときには、うつ病、不安障害、怒りなどの症状が現れます。

しかし、不幸なことに、ビタミンやミネラルの不足とこれらの心の病との関係は多くの場合、見過ごされています。

ジミーは25歳の青年ですが、シェルター(避難施設)生活や路上生活を17歳から繰り返していました。

彼は重いうつ病でしたが、時には、相手に向かって荒々しく叫び、罵声を浴びせていました。

彼の父はジミーを助けようと、家に呼び寄せようとしましたが、彼の感情と行動が修まらなかったので、それも叶いませんでした。

そこでジミーの父は彼を伴って分子整合精神医療を実践するクリニックを訪ねました。

yobou01.jpg 

うつ病(鬱病)や躁うつ病(躁鬱病)にかかる人が増えていると言われています。

厚生働省によって三年ごとの10月に全国の医療施設に対して行われている
「患者調査」の結果から「気分障害」(うつ病、躁うつ病、気分変調症等)の
総患者数の推移を挙げました。

医療機関に看てもらわない患者は数字に出てきません。

1,996年には43.3万人であった総患者数は

・1,999年 ... 44.1万人 とほぼ横ばいであったが、
・2,002年 ... 71.1万人
・2,005年 ... 92.4万人
・2,008年 ...104.1万人

と9年間で2.4倍に増加しているのが目立っています。

■うつ病とは?

強い「憂うつな気分」とともに、

・意欲が出ない
・考えがまとまらない
・眠れない
・疲れやすい

といった精神や体の症状が長く続いて、日常生活に支障をきたす病気です。

utu-trend01.gif

・http://www2.ttcn.ne.jp/honkawa/2150.html より

■不安障害とは?

心理的に何らかの不安があり、そのために抑うつ状態が引き起こされたり、
動悸や発汗、下痢、腹痛などの身体症状が現れたりする病気です。

突然の不安感に襲われて動けなくなることや、漠然とした不安感が
何日間何ヶ月間も付きまとうようなこともあり、症状は様々です。

不安障害の原因ははっきりとわかってはいませんが、うつ病と同じように
脳内物質や神経伝達物質、自律神経の異常などが考えられています。

うつ病によるものや、幼少期のトラウマが原因となって引き起こされるものが
多く、不安障害を抱えながら自分では気づいていない人、または治療を
行っていない人も多数いると考えられています。

以下、「心の病は食事で治す」(p144~) 生田 哲著
"あなたは不安障害かもしれない"からご紹介いたします。

umi-002.jpg

砂糖やカフェイン、アルコールをとり過ぎると乳酸が増えます。

糖類と疲労物質である乳酸のレベルには密接な関係があります。

砂糖や精製されたでん粉を食べれば食べるほど、乳酸レベルが上がります。

乳酸レベルが上がると、疲労を感じる以外に、次のようなメカニズムで不安となります。

カルシウムには脳の興奮を抑える働きがあります。

このカルシウムにくっ付くのが乳酸であり、カルシウムが乳酸にくっ付いた分だけ、血液中のカルシウムのレベルが下がります。

このようなメカニズムで、脳の興奮が抑えられなくなり、不安となります。

short-cake02.jpg

●甘いもののとり過ぎに注意しましょう。
「コーヒー・エネマの効用について」新谷 弘美著に
何故便秘が怖いのか、腸をきれいにすることの大切さについて
簡明にまとめらていたのでご紹介したいと思います。

たかが便秘などと考えて便秘を侮れないのです。

腸の汚れが万病の元であり、医療関係者の間でも、

「人間の健康にはきれいな腸、腸の浄化と活性化が大切だ」

という考え方が特に強くなってきているとのことです。

・痔、大腸ポリープ、大腸ガン、乳ガン、前立腺ガン
・心臓血管障害、肝臓・胆嚢疾患、潰瘍性大腸炎
・クーロン病、前立腺肥大、関節炎、リウマチ
・アトピー性皮膚炎、アレルギー疾患
・子宮筋腫、乳腺症、膠原病、高血圧
・脳梗塞、糖尿病

などの病気の人たちは、大腸の機能の衰え、機能不全などと
強い関係があると考えられています。


以下、「コーヒー・エネマの効用について」新谷 弘美著よりご紹介します。

daichou11.jpg

・http://hosp.gifu-u.ac.jp/center/gan/about/large_intestine.html より
私の患者さんたちが、新谷食事健康法に真剣にとり組んでくれるのは、
それが自分の生死に直結していることを知っているからです。

一度ガンという病気に直面した人にとって、

「ガン再発率ゼロ%の健康法」

は、他の何よりも優先されるものとなります。

私は、この健康法を

「ガン再発率ゼロ%」

ではなく、未病の方々にも実践してもらい、

「発病率ゼロ%の健康法」

にしたいと思っているのです。

そのためにも、肉食を続けた時、腸の中でどのような変化が起きるのか、
是非知って頂きたいと思います。

zendou01.jpg
新谷弘美先生は胃腸内視鏡開発に携わった世界的な草分けの大先生で
胃腸内視鏡外科の第一任者です。

35万件のも及ぶ胃腸内視鏡検査をやられてガン再発率ゼロの実績から
裏付けされた新谷先生の説く食事健康法は説得力があります。

健康な人の胃相・腸相はとても美しいそうです。

腸相の悪い人の多くは、

・子宮筋腫、高血圧、動脈硬化、心臓病、肥満
・乳ガン、前立腺ガン、糖尿病

などいわゆる「生活習慣病」を発病しているそうです。

結局、胃相・腸相が悪くなるような食生活をしていると、
細胞レベルで便秘をお越し、それが色々な形で生活習慣病や現代医学では
治癒困難な難病へとつながっていくのだと考えられます。

以下、胃相・腸相を整えることが何故とても大切なのか、
「病気にならない生き方」新谷 弘美著よりご紹介したいと思います。

■胃相と腸相が教えてくれること

人間の顔に人相の良し悪しがあるように、胃腸にも「胃相」「腸相」の
良し悪しがあります。

人相にはその人の性格が現れると言いますが、胃相・腸相には
その人の健康状態が現れます。

健康な人の胃相・腸相はとても美しいものです。

胃であれば、粘膜が均一なピンク色で、表面にデコボコがなく、
粘膜下の血管が透けて見えることはありません。

また健康な人の粘液は透明なので、内視鏡が照らす光に粘液が反射し、
キラキラと輝いて見えます。

健康な人の腸も、胃の場合と同じようにきれいなピンク色をしています。

さらに非常に柔らかく、大きくて均等性のあるヒダが見られます。

shoukaki02.jpg
■心身の健康は食生活を正すことから

日頃の食生活の心身の健康への影響は、予想を遥かに超えるものがあります。

心身を健康にしたいのなら、まず食生活を人間本来のものに戻すが基本だと考えます。

私はマクロビオティックを七、八年前に新大阪のマクロビオティック教室まで
一年余り通って学び、それ以来緩いマクロビオティックをとり入れてました。

食事は玄米菜食に重点を置いてます。

パーフェクトではありません。

それから機会あってナチュラル・ハイジーンを知り、朝食はフルーツのみに変え、
もう半年余り経過しています。

ダイエット必要な体とは思っていませんでしたが、さらにスリムになりました。

そして新谷食事健康法を知り、コーヒー・エネマとり入れています。

胃相・腸相をよくすることが健康と美容・長生きの秘訣だと判ったからです。

日本人の私には新谷食事健康法が一番とり入れやすいように感じています。

そこで新谷食事健康法の骨子についてまずご紹介したいと考えます。

食生活が人間本来のものに戻ることが、うつ病、不安障害を克服するための
結局は近道だと思います。

薬で誤魔化しても副作用で悩まされるリスクが高いようです。

genmai-saishoku041.jpg

うつ病や不安障害にも砂糖など甘いもののとり過ぎが
深く関わっていることがあります。

砂糖や甘いものをとり過ぎるとビタミンB群が不足し、
脳内物質のコントロール不全によりうつ病が発症するのです。

ビタミンB群は、砂糖、精製されたデンプン、ニコチン、
カフェイン、アルコールの摂取によって消費されるので、
油断していると不足してしまいます。

ビタミンB群は、心を平安にし、感情を安定させるために
欠かせない栄養素だからです。


ビタミンB群は水溶性であるため、体内に貯蔵できないので、
毎日の食事をとおしてとる必要があります。

偏食は心身健康に物凄く悪い影響をもたらします。

甘い物(砂糖)やカロリーばっかしのジャンクフードのとり過ぎは要注意です。

sweet022.jpg


●砂糖は現代の麻薬、甘いものは程々に...

■運動こそを老化を防ぐ本当の特効薬

健康な体は食べ物だけでは築かれず、運動・睡眠を含めた生活習慣の
改善こそが是非とも必要です。

どんなに食事が正しくても、「適度な運動」が伴わなければ
スリムで健康な体づくりは完成されません。


私たちの体は動かすようにつくられており、使わないと退化してしまいます。

筋肉は萎縮し、骨は体重を支えることが出来ないほど脆くなり、

・呼吸器系、循環器系、腺、消化器系、神経系

などの組織の機能も低下していきます。

活発に体を動かさないと、肺に集められた二酸化炭素が酸素と
交換されなくなり、細胞は酸欠状態になってしまいます。

不活発な人の血液循環は、

・25歳で40%
・35歳で60%
・60歳で80%

も低下しています。


その結果、細胞に酸素や栄養が運ばれず、細胞からの老廃物の搬出も出来ず、
組織が詰まり、エネルギーレベルが低下し、肥満や病気、早い老化の基礎を
つくっていくことになります。

exe01.jpg

身体活動の強さを表す単位であるメッツに、
実施時間をかけて算出するのがエクササイズ。

メッツとエクササイズは、どんな運動をどれだけ行えば必要な量を満たすかを
分かりやすくするために考案された。

例えば、普通歩行(3メッツ)を1時間行った場合は
「3メッツ×1時間=3エクササイズ(メッツ・時)」となる。

3メッツ以上の運動や身体活動を週に合計23エクササイズ以上行うことが勧められている。

・http://www.dm-net.co.jp/calendar/2009/009397.php より引用

カテゴリ

月別アーカイブ

最近のフォト

  • あなたの人生は魔法のようですか?
  • 感謝がもたらす魔法の力
  • 抗うつ剤は自殺を誘発する
  • うつ病の本質は、脳のエネルギー不足、脳の興奮不足
  • ビタミンとミネラルの不足が原因で発生するうつ病
  • 「うつ病」とは?
  • 不安障害とは?
  • 砂糖やカフェイン、アルコールをとり過ぎると不安障害になりやすい
  • 不完全な消化物(残渣)が腐ってガスを発生
  • 胃相と腸相が教えてくれること(2)
  • 胃相と腸相が教えてくれること(1)
  • 新谷食事健康法の骨子、食生活を正すことがうつ病・不安障害克服の近道
  • 砂糖のとり過ぎでビタミンB不足、うつ病や不安障害を発症...
  • 適度な運動を励行し、必ず十分な睡眠をとること
●一押しリンク

1.砂糖は現代の麻薬.com
砂糖は現代社会の麻薬。砂糖は心も体も狂わせてしまいます。

2.食品添加物の危険性.com
食品添加物の暗躍やもどき食品の実態、食品添加物の危険性・表示のルール、食品添加物の危険性から身を守る方法などお伝えします。知ると怖くて眠れません!

3.マクロビオティック健康法.com
マクロビオティックは日本生まれ欧米育ちの最先端健康法です。食養生が人生成功の秘訣!人はその人が食べる物の如くなります。食がコントロールできれば、人生はコントロールできます。

4.断酒方法.com
断酒30年戦争、アルコールを巡って30余年格闘しました。

5.子供すこやか食の安全・安心.com
私たちが気付かされていない、知らされていない農薬等の危険性や食育と食の安全・安心の盲点に迫ります。

6.ブレークスルー・成功哲学.com
究極の自己実現は自己の本質を知ることから始まります。

7.笑顔が一杯!Smile.com
笑顔と癒しとありがとうが一杯!笑顔と癒しとありがとうで地球を一杯にしよう!
☆守りたい、家族の健康!私たちの命が危ない!☆

私たちの便利な食生活に欠かせない食品添加物......。
でも、食品添加物には見えざる危険が潜んでいます。
アレルギーや喘息、子供のキレや突発的な犯罪、がん等の 原因の全てが食品添加物にある訳ではありませんが、 一役も二役も買っているのは事実のようです。

赤色X号などタール系色素には化学構造上、すべて発がん性や 催奇性の疑いがあり、北欧では禁止されているタール色素が、 日本では11種も使用されています。


特に育ち盛りの子供さんには、その影響が懸念されます。


私のメールマガジン
「超危険!食品添加物が子どもに与える危険性と解決策」
に無料登録して頂けると、
特別レポート『超危険!食品添加物ベスト10』
を無料で差し上げます。

この10の食品添加物は特にお子様がいらっしゃる方には必ず知っておいてもらいたい知識ばかりです。是非、ご覧ください。

太陽光発電