心の病にはアミノ酸が効果的

うつ病や不安障害の克服のため抗うつ薬や抗不安薬には強い依存性があり、
服用は避けた方が無難です


抗うつ剤は自殺を誘発する

米議会は、一般市民を保護するはずの食品医薬品局(FDA)が医学的証拠を入手しながら、 抗うつ剤と未成年者の自殺行為との関連性の可能性に対して迅速な対策を講じなかった 可能性について調査している。

抗不安薬の弊害は依存症、何故、服用しないか?

アメリカでは、処方された抗不安薬を服用し続けた多くの人々(女性が多い)が依存症にかかり、 悪夢のような人生を歩んでいます。

彼らは、
●抗不安薬を服用しているときは、疲れ切って何もできない状態に陥りますが
●用量を減らしたり、薬を中断すると、以前よりさらに悪化した
   ・恐怖心、発汗、ドキドキ、胃のむかつき、震え、パニック

などに苦しみます。


ビタミンとミネラルの不足が原因でうつ病が発生する

脳に栄養素が不足したときには、うつ病、不安障害、怒りなどの症状が現れます。
しかし不幸なことに、ビタミンやミネラルの不足とこれらの心の病との関係は多くの場合、 見過ごされているのです…


スポンサード・リンク


不安障害を発生させる原因は…

不安障害の症状は心理的なものにも見えますが、心理カウンセリングを受けたところで、 不安障害の根本的な解決にはなりません。
心の病は脳内物質のバランスが崩れているから発生するのであり、
これを是正してはじめて直るのです…


ビタミンB群の不足で不安障害が発生する

不安障害に見られる ・多動、神経質・疲労、うつ・心配、不安 などの症状は、
ビタミンB群の一つであるナイアシン(またはナイアシンアミド)の不足によっても起こります…

うつ病とアミノ酸の関係 アミノ酸が心を平安にする(1)

2011年3月 7日 09:30

うつ病や不安障害に有効なアミノ酸について
「心の病は食事で治す」(p110~) 生田 哲著
"アミノ酸が心を平安にする"よりご紹介します。

抗うつ薬や抗不安薬と違って、後遺症や依存症がなく、
食事によってうつ病や不安障害を治療してゆくことは、優れた方法だと考えます。

実際実行される段になっては、栄養医学を実践している医師にご相談ください

心を平安にし、感情を安定させるアミノ酸が幾つも知られています。

うつ病の主な原因の一つは、脳内の『カテコールアミン』の不足です。

カテコールアミンとは、

 ・ノルアドレナリン、アドレナリン、ドーパミン

のことで、脳内のフェニルアラニンやチロシンから創られ、
抗うつ薬のイミプラミンと同程度の効き目があるという知見があります。  

フェニルアラニンとチロシンを多く含む食物は、

・肉類(鶏肉、牛肉、羊肉)

・カツオ節、竹の子、牛乳、卵黄

・ピーナッツ、アーモンド、バナナ

などがあります。

takenoko01.jpg 

特に、竹の子には大量のチロシンが含まれます。

竹の子の水煮の中に入っている白い粉はチロシンなので、捨てずに食べましょう。

竹の子が嫌いな人や食べなれていない子供には、竹の子を小さく刻んで炊き込みご飯にすると無理なく食べることができます。

また、ラーメンの具でおなじみのメンマは、蒸した竹の子を塩漬けにして発酵させたものですが、メンマにもチロシンは豊富です。

menma01.jpg

トリプトファンは脳内のセロトニンのレベルを高め、気落ちした心を上向かせることができ、この効果は沢山報告されています。また、脳内のセロトニンのレベルが異常に低いと、ノルアドレナリンの放出に歯止めがかからなくなり、自殺衝動や暴力を発生させやすいことも判明しています。

トリプトファンを多く含む食物は、先にあげたチロシンを多く含む食品に加えて、

・大豆(豆腐)、ノリ、ゴマ、マグロ、チーズ

などがあります。

【参考】心の病は食事で治す 生田 哲著

  • Yahoo!ブックマークに登録
  • Google Bookmarksに登録
  • はてなブックマークに登録
  • del.icio.usに登録
  • livedoorクリップに登録
  • Buzzurl(バザール)に登録

関連記事

「感情物質」セロトニンの働き
ストレスに強い心と体を作るために非常に重要な神経があります。 脳内のセロトニン神...
極度の疲労と高いレベルのストレスとアミノ酸の関係 アミノ酸が心を平安にする(4)
疲労やストレスに強いアミノ酸について「心の病は食事で治す」(p115~) 生田 ...
強迫性障害とアミノ酸の関係 アミノ酸が心を平安にする(3)
強迫性障害に有効なアミノ酸について「心の病は食事で治す」(p114~) 生田 哲...
不安障害とアミノ酸の関係 アミノ酸が心を平安にする(2)
不安障害に有効なアミノ酸について「心の病は食事で治す」(p112~) 生田 哲著...
うつ病とアミノ酸の関係 アミノ酸が心を平安にする(1)
うつ病や不安障害に有効なアミノ酸について「心の病は食事で治す」(p110~) 生...
アミノ酸を摂取する際の注意点
アミノ酸が抗うつ薬や抗不安薬と違って副作用や依存症のない安全なものであるといって...
薬ではなく、アミノ酸で治す
アメリカやカナダでは分子整合精神医学の医師によるアミノ酸、ビタミン、ミネラル、必...
アミノ酸不足によって発生しやすい症状
脳内物質のインバランスは脳に様々な障害を発生させます。 脳内では50種類以上の神...

カテゴリ

月別アーカイブ

最近のフォト

  • あなたの人生は魔法のようですか?
  • 感謝がもたらす魔法の力
  • 抗うつ剤は自殺を誘発する
  • うつ病の本質は、脳のエネルギー不足、脳の興奮不足
  • ビタミンとミネラルの不足が原因で発生するうつ病
  • 「うつ病」とは?
  • 不安障害とは?
  • 砂糖やカフェイン、アルコールをとり過ぎると不安障害になりやすい
  • 不完全な消化物(残渣)が腐ってガスを発生
  • 胃相と腸相が教えてくれること(2)
  • 胃相と腸相が教えてくれること(1)
  • 新谷食事健康法の骨子、食生活を正すことがうつ病・不安障害克服の近道
  • 砂糖のとり過ぎでビタミンB不足、うつ病や不安障害を発症...
  • 適度な運動を励行し、必ず十分な睡眠をとること
●一押しリンク

1.砂糖は現代の麻薬.com
砂糖は現代社会の麻薬。砂糖は心も体も狂わせてしまいます。

2.食品添加物の危険性.com
食品添加物の暗躍やもどき食品の実態、食品添加物の危険性・表示のルール、食品添加物の危険性から身を守る方法などお伝えします。知ると怖くて眠れません!

3.マクロビオティック健康法.com
マクロビオティックは日本生まれ欧米育ちの最先端健康法です。食養生が人生成功の秘訣!人はその人が食べる物の如くなります。食がコントロールできれば、人生はコントロールできます。

4.断酒方法.com
断酒30年戦争、アルコールを巡って30余年格闘しました。

5.子供すこやか食の安全・安心.com
私たちが気付かされていない、知らされていない農薬等の危険性や食育と食の安全・安心の盲点に迫ります。

6.ブレークスルー・成功哲学.com
究極の自己実現は自己の本質を知ることから始まります。

7.笑顔が一杯!Smile.com
笑顔と癒しとありがとうが一杯!笑顔と癒しとありがとうで地球を一杯にしよう!
☆守りたい、家族の健康!私たちの命が危ない!☆

私たちの便利な食生活に欠かせない食品添加物......。
でも、食品添加物には見えざる危険が潜んでいます。
アレルギーや喘息、子供のキレや突発的な犯罪、がん等の 原因の全てが食品添加物にある訳ではありませんが、 一役も二役も買っているのは事実のようです。

赤色X号などタール系色素には化学構造上、すべて発がん性や 催奇性の疑いがあり、北欧では禁止されているタール色素が、 日本では11種も使用されています。


特に育ち盛りの子供さんには、その影響が懸念されます。


私のメールマガジン
「超危険!食品添加物が子どもに与える危険性と解決策」
に無料登録して頂けると、
特別レポート『超危険!食品添加物ベスト10』
を無料で差し上げます。

この10の食品添加物は特にお子様がいらっしゃる方には必ず知っておいてもらいたい知識ばかりです。是非、ご覧ください。

太陽光発電